アルミニウム

アルミニウムを使ったアルミホイル
『アルミホイル
(アルミニウムの
ホイル)』

げんしばんごう げんそきごう
原子番号 13 元素記号 Al

 アルミニウムは軽(かる)くて熱(ねつ)をよく伝(つた)える金属(きんぞく)です。軟(やわ)らかくて加工(かこう)が容易(ようい)なので、アルミニウムは、炭酸飲料(たんさんいんりょう)などを入(い)れる缶(かん){アルミ缶(かん)}や食材(しょくざい)をくるむホイル(アルミホイル)などに利用(りよう)されています。イラストにはアルミホイルが描(えが)かれています。

アルミニウムのデータ
はっけんしゃ
発見者
デンマークのエールステッド{1825年(ねん)}
なまえ ゆらい
名前の由来
「ミョウバン」を意味(いみ)する古代ギリシャ語(ご)。
りよう
利用
アルミサッシ、アルミ缶(かん)、一円硬貨(いちえんこうか)。

ミョウバン:アルミニウムを含(ふく)む白(しろ)い物質(ぶっしつ)です。水(みず)をきれいにするのに使用(しよう)されていました。

まえ げんそ つぎ げんそ
前の元素 次の元素
マグネシウム ケイ素(けいそ)


ホームサイトについてイラストについてリンクについてサイトマップ
Copyright (C) 2011 国立大学法人 愛知教育大学. All Rights Reserved.