アルゴン

アルゴンと水銀を含んでいる蛍光灯
『蛍光灯(けいこうとう)
の中身(なかみ)は
アルゴン+
水銀(すいぎん)』

げんしばんごう げんそきごう
原子番号 18 元素記号 Ar

 アルゴンは他(た)の元素(げんそ)と結(むす)び付(つ)かない元素(げんそ)です。その性質(せいしつ)を利用(りよう)して、蛍光灯(けいこうとう)の内部(ないぶ)には水銀(すいぎん)の蒸気(じょうき)と一緒(いっしょ)にアルゴンが詰(つ)まっています。イラストにはアルゴン入(い)りの蛍光灯(けいこうとう)を使用(しよう)した照明器具(しょうめいきぐ)が描(えが)かれています。

アルゴンのデータ
はっけんしゃ
発見者
イギリスのレイリーとラムゼー{1892年(ねん)}
なまえ ゆらい
名前の由来
「働(はたら)く」を意味(いみ)するギリシャ語(ご) + 否定語(ひていご)。
りよう
利用
蛍光灯(けいこうとう)の中身(なかみ)。

まえ げんそ つぎ げんそ
前の元素 次の元素
塩素(えんそ) カリウム


ホームサイトについてイラストについてリンクについてサイトマップ
Copyright (C) 2011 国立大学法人 愛知教育大学. All Rights Reserved.