ホウ素(ほうそ)

ホウ素を消毒に使用するお医者さん
『病院(びょういん)に
不可欠(ふかけつ)な
ホウ素(ほうそ)』

げんしばんごう げんそきごう
原子番号 5 元素記号 B

 ホウ素(ほうそ)はホウ酸(ほうさん)に含(ふく)まれている元素(げんそ)です。ホウ酸(ほうさん)を溶(と)かした水(みず)はホウ酸水(ほうさんすい)と呼(よ)ばれ、殺菌力(さっきんりょく)があり、目薬(めぐすり)や石鹸(せっけん)などに混(ま)ぜられています。イラストにはホウ素(ほうそ)のお世話(せわ)になっているお医者(いしゃ)さんが描(えが)かれています。

ホウ素(ほうそ)のデータ
はっけんしゃ
発見者
フランスのモアッサン{1892年(ねん)}
なまえ ゆらい
名前の由来
鉱物名(こうぶつめい)ボラックス。
りよう
利用
消毒液(しょうどくえき)、ホウ酸団子(ほうさんだんご)、ビーカー。

まえ げんそ つぎ げんそ
前の元素 次の元素
ベリリウム 炭素(たんそ)


ホームサイトについてイラストについてリンクについてサイトマップ
Copyright (C) 2011 国立大学法人 愛知教育大学. All Rights Reserved.