バリウム

バリウムを使った胃ガン検査
『バリウムで
胃(い)ガンの
検査(けんさ)』

げんしばんごう げんそきごう
原子番号 56 元素記号 Ba

 バリウムは胃(い)ガンの検査(けんさ)で使用(しよう)される元素(げんそ)です。胃(い)の様子(ようす)をX線(えっくすせん)で調(し)べる前(まえ)に、バリウムが混(ま)ざった液体(えきたい)を飲(の)み、胃(い)の様子(ようす)が分(わ)かるようにします。イラストにはバリウムを飲(の)んでいる様子(ようす)が描(えが)かれています。

バリウムのデータ
はっけんしゃ
発見者
イギリスのデービー{1808年(ねん)}
なまえ ゆらい
名前の由来
「重(おも)い」を意味(いみ)するギリシャ語(ご)。
りよう
利用
緑色(みどりいろ)の花火(はなび)、胃(い)の検診(けんさ)。

まえ げんそ つぎ げんそ
前の元素 次の元素
セシウム ランタン


ホームサイトについてイラストについてリンクについてサイトマップ
Copyright (C) 2011 国立大学法人 愛知教育大学. All Rights Reserved.