カドミウム

カドミウム合金が使用されているスプリンクラー
『カドミウムの
合金(ごうきん)が
熱(ねつ)で
反応(はんのう)して
放水(ほうすい)』

げんしばんごう げんそきごう
原子番号 48 元素記号 Cd

 カドミウムは有害(ゆうがい)な元素(げんそ)です。イタイイタイ病(びょう)はカドミウムが原因(げんいん)でした。カドミウムがビスマス鉛(なまり)スズと一緒になったウッズ合金(ごうきん)は約(やく)70℃で溶(と)けます。火災(かさい)の時(とき)に放水(ほうすい)するスプリンクラーにはウッド合金(ごうきん)が使(つか)われています。イラストには放水(ほうすい)しているスプリンクラーが描(えが)かれています。

カドミウムのデータ
はっけんしゃ
発見者
ドイツのシュトロマイヤー{1817年(ねん)}
なまえ ゆらい
名前の由来
ギリシャの地名(ちめい)。
りよう
利用
ニッケル-カドミウム電池(でんち)、ウッド合金(ごうきん)。

まえ げんそ つぎ げんそ
前の元素 次の元素
銀(ぎん) インジウム


ホームサイトについてイラストについてリンクについてサイトマップ
Copyright (C) 2011 国立大学法人 愛知教育大学. All Rights Reserved.