コペルニシウム

コペルニシウムの語源となったコペルニクス
『コペルニシウムの
語源(ごげん):
天文学者(てんもんがくしゃ)
コペルニクス』

げんしばんごう げんそきごう
原子番号 112 元素記号 Cn

 コペルニシウム鉛(なまり)亜鉛(あえん)から合成(ごうせい)された元素(げんそ)で、2010年(ねん)2月(がつ)19日(にち)に元素名(げんそめい)が付(つ)けられたばかりの新元素(しんげんそ)です。元素名(げんそめい)は天文学者(てんもんがくしゃ)コペルニクスに由来(ゆらい)します。コペルニクスは、地球(ちきゅう)が太陽(たいよう)の周(まわ)りを回(まわ)っていると唱(とな)えました。イラストにはコペルニクスと、太陽(たいよう)の周(まわ)りを惑星(わくせい)が回(まわ)る様子(ようす)が描(えが)かれています。

コペルニシウムのデータ
はっけんしゃ
発見者
ドイツのホフマンら{1996年(ねん)}
なまえ ゆらい
名前の由来
天文学者(てんもんがくしゃ)コペルニクス。
りよう
利用
研究用途(けんきゅうようと)のみ。

まえ げんそ つぎ げんそ
前の元素 次の元素
レントゲニウム ウンウントリウム


ホームサイトについてイラストについてリンクについてサイトマップ
Copyright (C) 2011 国立大学法人 愛知教育大学. All Rights Reserved.