コバルト

コバルトの語源であるドイツの山の妖精
『コバルトの
語源(ごげん):
ドイツの山(やま)の
妖精(ようせい)』

げんしばんごう げんそきごう
原子番号 27 元素記号 Co

 コバルトは磁石(じしゃく)に強(つよ)く反応(はんのう)する金属(きんぞく)です。します。コバルトは磁石(じしゃく)として使用(しよう)される合金(ごうきん)に混(ま)ぜられています。昔(むかし)、ドイツの鉱山(こうざん)では銀(ぎん)の鉱石(こうせき)によく似(に)た石(いし)が採(と)れ、鉱夫(こうふ)たちを悩(なや)ませていました。その石(いし)には銀(ぎん)は含(ふ)まれておらず、山(やま)の妖精(ようせい)コボルトのイタズラであると信(しん)じられていました。その石(いし)には代(か)わりにコバルトが入(はい)っていました。イラストではコバルトの語源(ごげん)となった妖精(ようせい)たちが描(えが)かれています。

コバルトのデータ
はっけんしゃ
発見者
スウェーデンのブラント{1737年(ねん)}
なまえ ゆらい
名前の由来
ドイツの山(やま)の妖精(ようせい)コボルト。
りよう
利用
塗料(とりょう)、磁石(じしゃく)。

まえ げんそ つぎ げんそ
前の元素 次の元素
鉄(てつ) ニッケル


ホームサイトについてイラストについてリンクについてサイトマップ
Copyright (C) 2011 国立大学法人 愛知教育大学. All Rights Reserved.