セシウム

セシウムを利用した原子時計
『正確(せいかく)な
時(とき)を刻(きざ)む
セシウムの
原子時計(げんしどけい)』

げんしばんごう げんそきごう
原子番号 55 元素記号 Cs

 セシウムは1秒(びょう)の長(なが)さを決(き)める基準(きじゅん)として利用(りよう)されている元素(げんそ)です。セシウムの原子時計(げんしどけい)は極(きわ)めて正確(せいかく)で、30万年(まんねん)に1秒(びょう)しか狂(くる)いません。日本(にほん)の標準時間(ひょうじゅんじかん)はセシウムの原子時計(げんしどけい)で守(まも)られています。イラストには標準時間(ひょうじゅんじかん)を知(し)らせる時報(じほう)が放送(ほうそう)される様子(ようす)が描(えが)かれています。

セシウムのデータ
はっけんしゃ
発見者
ドイツのブンゼンとキルヒホッフ{1860年(ねん)}
なまえ ゆらい
名前の由来
「青空(あおぞら)の色(いろ)」を意味(いみ)するラテン語(ご)。
りよう
利用
原子時計(げんしどけい)。

まえ げんそ つぎ げんそ
前の元素 次の元素
キセノン バリウム


ホームサイトについてイラストについてリンクについてサイトマップ
Copyright (C) 2011 国立大学法人 愛知教育大学. All Rights Reserved.