銅(どう)

銅を使った基板
『配線(はいせん)に
利用(りよう)される
銅(どう)』

げんしばんごう げんそきごう
原子番号 29 元素記号 Cu

 (どう)は電気(でんき)をよく通(とお)す元素(げんそ)です。電線(でんせん)は銅(どう)で作(つく)られています。イラストには銅箔(どうはく)の付(つ)いた電子回路基板(でんしかいろきばん)が描(えが)かれています。銅(どう)は熱(ねつ)をよく伝(つた)える金属(きんぞく)です。ナベなどの調理器具(ちょうりきぐ)、エアコンや冷蔵庫(れいぞうこ)の伝熱管(でんねつかん)に使(つか)われています。

銅(どう)のデータ
はっけんしゃ
発見者
不明(ふめい)。
なまえ ゆらい
名前の由来
「金(きん)」{金属(きんぞく)を意味(いみ)する}+「同(どう)」{赤(あか)を意味(いみ)する}。
りよう
利用
電線(でんせん)、調理器具(ちょうりきぐ)、硬貨(こうか)。

まえ げんそ つぎ げんそ
前の元素 次の元素
ニッケル 亜鉛(あえん)


ホームサイトについてイラストについてリンクについてサイトマップ
Copyright (C) 2011 国立大学法人 愛知教育大学. All Rights Reserved.