アインスタイニウム

アインスタイニウムの語源であるアインシュタイン
『アインスタイニウムの
語源(ごげん):
物理学者(ぶつりがくしゃ)
アインシュタイン』

げんしばんごう げんそきごう
原子番号 99 元素記号 Es

 アインスタイニウムは水爆実験(すいばくじっけん)の灰(はい)の中(なか)から発見(はっけん)された元素(げんそ)です。元素名(げんそめい)は物理学者(ぶつりがくしゃ)アインシュタインに由来(ゆらい)します。イラストにはアインシュタインの似顔絵(にがおえ)が描(えが)かれています。額(ひたい)に書(か)かれた式(しき)

E=mc

はアインシュタインの特殊相対性理論(とくしゅそうたいせいりろん)から導(みちび)き出(だ)されたものです。

アインスタイニウムのデータ
はっけんしゃ
発見者
アメリカのシーボーグら{1952年(ねん)}
なまえ ゆらい
名前の由来
物理学者(ぶつりがくしゃ)アインシュタイン。
りよう
利用
研究用途(けんきゅうようと)のみ。

まえ げんそ つぎ げんそ
前の元素 次の元素
カリホルニウム フェルミウム


ホームサイトについてイラストについてリンクについてサイトマップ
Copyright (C) 2011 国立大学法人 愛知教育大学. All Rights Reserved.