ゲルマニウム

ゲルマニウムのダイオード
『ゲルマニウムを
使(つか)った
ダイオード』

げんしばんごう げんそきごう
原子番号 32 元素記号 Ge

 ゲルマニウムはダイオードやトランジスタに利用(りよう)されてきた元素(げんそ)です。ダイオードとは一方向(いちほうこう)にしか電気(でんき)を通(とお)さない電気部品(でんきぶひん)で、ゲルマニウムのダイオードはラジオに使(つか)われていました。イラストにはゲルマニウムのダイオードが描かれています。トランジスタは電流(でんりゅう)を増幅(ぞうふく)させる電気部品(でんきぶひん)です。

ゲルマニウムのデータ
はっけんしゃ
発見者
ドイツのウィンクラー{1885年(ねん)}
なまえ ゆらい
名前の由来
ドイツの古(ふる)い名前(なまえ)。
りよう
利用
ダイオード、トランジスタ、赤外線透過(せきがいせんとうか)ガラス。

まえ げんそ つぎ げんそ
前の元素 次の元素
ガリウム ヒ素(ひそ)


ホームサイトについてイラストについてリンクについてサイトマップ
Copyright (C) 2011 国立大学法人 愛知教育大学. All Rights Reserved.