ハフニウム

ハフニウムの語源であるコペンハーゲン
『ハフニウムの
語源(ごげん):
コペンハーゲンの
古名(こめい)』

げんしばんごう げんそきごう
原子番号 72 元素記号 Hf

 ハフニウムジルコニウムと性質(せいしつ)がよく似(に)た元素(げんそ)です。この2つの元素(げんそ)のを分(わ)けることはとても困難(こなん)です。イラストにはハフニウムの語源(ごげん)となったコペンハーゲン{デンマークの首都(しゅと)}の位置(いち)が記(しる)されています。

ハフニウムのデータ
はっけんしゃ
発見者
デンマークのコスターとヘベシーら{1923年(ねん)}
なまえ ゆらい
名前の由来
コペンハーゲンのラテン語名(ごめい)。
りよう
利用
原子炉(げんしろ)の制御棒(せいぎょぼう)。

まえ げんそ つぎ げんそ
前の元素 次の元素
ルテチウム タンタル


ホームサイトについてイラストについてリンクについてサイトマップ
Copyright (C) 2011 国立大学法人 愛知教育大学. All Rights Reserved.