クリプトン

クリプトンの語源を描いたイラスト
『クリプトンの
語源(ごげん):
隠(かく)れた
ギリシャ語(ご)』

げんしばんごう げんそきごう
原子番号 36 元素記号 Kr

 クリプトンは空気中(くうちきゅう)に隠(かく)れるように存在(そんざい)している気体(きたい)です。100万分(まんぶん)の1 程度(ていど)しか含(ふく)まれてしません。イラストには猫(ねこ)が隠(かく)れている様子(ようす)が描(えが)かれています。「kryptos」とは「隠(かく)れた」という意味(いみ)のギリシャ語(ご)です。

のデータ
はっけんしゃ
発見者
イギリスのラムゼーとトラバース{1898年(ねん)}
なまえ ゆらい
名前の由来
「隠(かく)れた」を意味(いみ)するギリシャ語(ご)。
りよう
利用
クリプトン電球(でんきゅう)。

まえ げんそ つぎ げんそ
前の元素 次の元素
臭素(しゅうそ) ルビジウム


ホームサイトについてイラストについてリンクについてサイトマップ
Copyright (C) 2011 国立大学法人 愛知教育大学. All Rights Reserved.