メンデレビウム

メンデレビウムの語源であるメンデレーエフ
『メンデレビウムの
語源(ごげん):
化学者(かがくしゃ)
メンデレーエフ』

げんしばんごう げんそきごう
原子番号 101 元素記号 Md

 メンデレビウムアインスタイニウムから合成(ごうせい)された元素(げんそ)です。元素名(げんそめい)はロシアの化学者(かがくしゃ)メンデレーエフに由来(ゆらい)します。メンデレーエフは元素周期表(げんそしゅうきひょう)を考(かんが)え出(だ)しました。イラストには「すいへいりーべ。」と唱(とな)えるメンデレーエフが描(えが)かれています。

メンデレビウムのデータ
はっけんしゃ
発見者
アメリカのギオルソ、ハーベイ、ショパン、トンプソン、シーボーグら{1955年(ねん)}
なまえ ゆらい
名前の由来
化学者(かがくしゃ)メンデレーエフ。
りよう
利用
研究用途(けんきゅうようと)のみ。

まえ げんそ つぎ げんそ
前の元素 次の元素
フェルミウム ノーベリウム


ホームサイトについてイラストについてリンクについてサイトマップ
Copyright (C) 2011 国立大学法人 愛知教育大学. All Rights Reserved.