マンガン

マンガンが使われている乾電池
『マンガンは
乾電池(かんでんち)の
原料(げんりょう)』

げんしばんごう げんそきごう
原子番号 25 元素記号 Mn

 マンガンは乾電池(かんでんち)で利用(りよう)されている元素(げんそ)です。乾電池(かんでんち)の内部(ないぶ)には黒(くろ)い粉末(ふんまつ)のマンガンが含(ふく)まれており、電気(でんき)が流(なが)れるのを助(たす)けています。イラストには乾電池(かんでんち)が描(えが)かれています。

マンガンのデータ
はっけんしゃ
発見者
スウェーデンのシェーレ{1774年(ねん)}
なまえ ゆらい
名前の由来
マンガンの鉱石(こうせい)、軟マンガン鉱(なんまんがんこう)の古(ふる)い名前(なまえ)。
りよう
利用
乾電池(かんでんち)、キャタピラー、スクリュー。

まえ げんそ つぎ げんそ
前の元素 次の元素
クロム 鉄(てつ)


ホームサイトについてイラストについてリンクについてサイトマップ
Copyright (C) 2011 国立大学法人 愛知教育大学. All Rights Reserved.