モリブデン

モリブデン入りのオイルをギアに差している様子
『ギアオイルに
混(ま)ぜられている
モリブデン』

げんしばんごう げんそきごう
原子番号 42 元素記号 Mo

 モリブデン硫黄(いおう)と結(むす)び付(つ)きやすい元素(げんそ)です。原油(げんゆ)から硫黄(いおう)を取(と)り除(のぞ)くときにモリブデンが利用(りよう)されています。モリブデンと硫黄(いおう)が一緒(いっしょ)になった二硫化(にりゅうか)モリブデンは圧力(あつりょく)に強(つよ)いので、ギアやキャタピラの動(うご)きを滑(なめ)らかにする潤滑剤(じゅうんかつざい)として、オイルに混(ま)ぜられています。イラストにはギアにモリブデン入りのオイルを差(さ)している様子(ようす)が描(えが)かれています。

モリブデンのデータ
はっけんしゃ
発見者
スウェーデンのシェーレ{1778年(ねん)}
なまえ ゆらい
名前の由来
「鉛(なまり)」を意味(いみ)するギリシャ語(ご)。
りよう
利用
ステンレス、潤滑剤(じゅんかつざい)。

まえ げんそ つぎ げんそ
前の元素 次の元素
ニオブ テクネチウム


ホームサイトについてイラストについてリンクについてサイトマップ
Copyright (C) 2011 国立大学法人 愛知教育大学. All Rights Reserved.