ニッケル

ニッケルを含有する硬貨
『硬貨(こうか)に
混(ま)ぜられている
ニッケル』

げんしばんごう げんそきごう
原子番号 28 元素記号 Ni

 ニッケル鉄(てつ)銅(どう)の中間的(ちゅうかんてき)な性質(せいしつ)を持(も)つ元素(げんそ)です。ステンレスは、クロムと一緒(いっしょ)にニッケルが、鉄(てつ)に混(ま)ぜられています。ニッケルと銅(どう)の合金(ごうきん)である白銅(はくどう)は硬貨(こうか)に使(つか)われています。イラストには白銅(はくどう)が使用(しよう)されている¥50硬貨(こうか)とアメリカの20セントコインが描(えが)かれています。アメリカでは20セントコインのことをニッケルと呼(よ)んでいます。

ニッケルのデータ
はっけんしゃ
発見者
スウェーデンのクローンステット{1751年(ねん)}
なまえ ゆらい
名前の由来
「銅(どう)の悪魔(あくま)」を意味(いみ)するドイツ語 (ご)。
りよう
利用
メッキ、ステンレス、硬貨(こうか)、ニッケル-カドミウム電池(でんち)。

まえ げんそ つぎ げんそ
前の元素 次の元素
コバルト 銅(どう)


ホームサイトについてイラストについてリンクについてサイトマップ
Copyright (C) 2011 国立大学法人 愛知教育大学. All Rights Reserved.