プラセオジム

プラセオジムを使った溶接マスク
『溶接(ようせつ)
マスクの
窓(まど)に
使用(しよう)される
プラセオジム』

げんしばんごう げんそきごう
原子番号 59 元素記号 Pr

 プラセオジムは溶接(ようせつ)マスクの窓(まど)に利用(りよう)されている元素(げんそ)です。イラストには溶接(ようせつ)を行(おこな)う様子(ようす)が描(えが)かれています。プラセオジムを使(つか)ったガラスは青(あお)い光(ひかり)をよく吸収(きゅうしゅう)するので、溶接時(ようせつじ)のまぶしい輝(かがや)きから目(め)を守(まも)ってくれます。プラセオジムは陶磁器(とうじき)を黄緑色(きみどりいろ)に着色(ちゃくしょく)するのに使用(しよう)されています。

プラセオジムのデータ
はっけんしゃ
発見者
オーストリアのウェルスバッハ{1885年(ねん)}
なまえ ゆらい
名前の由来
「緑(みどり)の双子(ふたご)」を意味(いみ)するギリシャ語(ご)。
りよう
利用
溶接(ようせつ)マスクの窓(まど)ガラス、陶磁器(とうじき)のうわぐすり。

まえ げんそ つぎ げんそ
前の元素 次の元素
セリウム ネオジム


ホームサイトについてイラストについてリンクについてサイトマップ
Copyright (C) 2011 国立大学法人 愛知教育大学. All Rights Reserved.