ルビジウム

ルビジウムが溶ける様子
『約(やく)39度(ど)で
溶(と)ける
ルビジウム』

げんしばんごう げんそきごう
原子番号 37 元素記号 Rb

 ルビジウムは約(やく)39℃で溶(と)ける金属(きんぞく)です。発熱(はつねつ)した人(ひと)の手(て)のひらに載(の)せると、溶(と)けてしまいます。イラストにはその様子(ようす)が描(えが)かれています。ルビジウムの中(なか)にはストロンチウムに変化(へんか)するものが含(ふく)まれています。これを使(つか)って、石(いし)の年代(ねんだい)を求(もと)めることができます。

ルビジウムのデータ
はっけんしゃ
発見者
ドイツのブンゼンとキルヒホッフ{1861年(ねん)}
なまえ ゆらい
名前の由来
「赤(あか)い」を意味(いみ)するラテン語(ご)。
りよう
利用
年代測定(ねんだいそくてい)。

まえ げんそ つぎ げんそ
前の元素 次の元素
クリプトン ストロンチウム


ホームサイトについてイラストについてリンクについてサイトマップ
Copyright (C) 2011 国立大学法人 愛知教育大学. All Rights Reserved.