ラドン

ラドン温泉
『ラドンを
含(ふく)む
温泉(おんせん)』

げんしばんごう げんそきごう
原子番号 86 元素記号 Rn

 ラドンは温泉(おんせん)で有名(ゆうめい)な元素(げんそ)です。イラストにはラドンが多(おおく)く含(ふく)まれているラドン温泉(おんせん)が描(えが)かれています。温泉(おんせん)は健康(けんこう)によいと言(い)われていますが、ラドンから出(で)る放射線(ほうしゃせん)と健康(けんこう)の関係(かんけい)はよく分(わ)かっていません。

ラドンのデータ
はっけんしゃ
発見者
ドイツのドーン{1900年(ねん)}
なまえ ゆらい
名前の由来
ラジウムから生成(せいせい)する元素(げんそ)。
りよう
利用
健康増進(けんこうぞうしん){研究中(けんきゅうちゅう)}、地震予知(じしんよち){研究中(けんきゅうちゅう)}。

まえ げんそ つぎ げんそ
前の元素 次の元素
アスタチン フランシウム


ホームサイトについてイラストについてリンクについてサイトマップ
Copyright (C) 2011 国立大学法人 愛知教育大学. All Rights Reserved.