硫黄(いおう)


『硫黄(いおう)を
多(おお)く含(ふく)む
火山(かざん)ガス』

げんしばんごう げんそきごう
原子番号 16 元素記号 S

 硫黄(いおう)は火山(かざん)ガスや温泉水(おんせんすい)などに多(おお)く含(ふく)まれている元素(げんそ)です。イラストには硫黄(いおう)を出(だ)している火山活動(かざんかつどう)が描(えが)かれています。昔(むかし)は火山で硫黄(いおう)が集(あつ)められていましたが、現在(げんざい)では石油(せきゆ)から回収(かいしゅう)されています。

硫黄(いおう)のデータ
はっけんしゃ
発見者
不明(ふめい)。
なまえ ゆらい
名前の由来
「湯黄(ゆおう)」がなまって「いおう」へ。
りよう
利用
肥料(ひりょう)、マッチ棒(ぼう)、ゴムの弾力(だんりょく)アップ。

まえ げんそ つぎ げんそ
前の元素 次の元素
リン 塩素(えんそ)


ホームサイトについてイラストについてリンクについてサイトマップ
Copyright (C) 2011 国立大学法人 愛知教育大学. All Rights Reserved.