ケイ素(けいそ)

ケイ素と酸素からなる水晶
『水晶(すいしょう)は
ケイ素(けいそ)+
酸素(さんそ)』

げんしばんごう げんそきごう
原子番号 14 元素記号 Si

 ケイ素(けいそ)はコンピュータの基盤(きばん)や太陽電池(たいようでんち)、時計(とけい)など利用(りよう)されている元素(げんそ)です。ケイ素(けいそ)はシリカ鉱物(こうぶつ)から得(え)ることが出来(でき)ます。イラストではシリカ鉱物(こうぶつ)の一種(いっしゅ)である水晶(すいしょう)が描(えが)かれています。

ケイ素(けいそ)のデータ
はっけんしゃ
発見者
スウェーデンのベルセーリウス{1823年(ねん)}
なまえ ゆらい
名前の由来
「ケイ砂(さ)」を意味(いみ)するラテン語(ご)。
りよう
利用
時計(とけい)、太陽電池(たいようでんち)、コンピューターの基盤(きばん)、シリコン樹脂(じゅし)。

まえ げんそ つぎ げんそ
前の元素 次の元素
アルミニウム リン


ホームサイトについてイラストについてリンクについてサイトマップ
Copyright (C) 2011 国立大学法人 愛知教育大学. All Rights Reserved.