テルル

テルルの語源である地球
『テルルの語源(ごげん)
:地球(ちきゅう)
ラテン語(ご)』

げんしばんごう げんそきごう
原子番号 52 元素記号 Te

 テルルは地球(ちきゅう)という名前(なまえ)を持(も)つ元素(げんそ)です。イラストにはテルルの語源(ごげん)となった地球(ちきゅう)が描(えが)かれています。テルルには電気(でんき)によって冷却(れいきゃく)する性質(せいしつ)があり、音(おと)が出(で)ないタイプの冷蔵庫(れいぞうこ)に利用(りよう)されています。テルルはDVDディスクの記録層(きろくそう)にも使用(しよう)されています。

テルルのデータ
はっけんしゃ
発見者
オーストリアのミュラー{1782年(ねん)}
なまえ ゆらい
名前の由来
「地球(ちきゅう)」を意味(いみ)するラテン語(ご)。
りよう
利用
冷蔵庫(れいぞうこ)、DVDディスク、放射線測定器(ほうしゃせんそくていき)。

まえ げんそ つぎ げんそ
前の元素 次の元素
アンチモン ヨウ素(ようそ)


ホームサイトについてイラストについてリンクについてサイトマップ
Copyright (C) 2011 国立大学法人 愛知教育大学. All Rights Reserved.