トリウム

トリウムの語源を描いたイラスト
『トリウムの
語源(ごげん):
北欧(ほくおう)の
カミナリの
神様(かみさま)』

げんしばんごう げんそきごう
原子番号 90 元素記号 Th

 トリウムはスウェーデンのベルセーリウスが発見(はっけん)した元素(げんそ)です。イラストにはトリウムの語源(ごげん)となった北欧(ほくおう)のカミナリの神様(かみさま)が描(えが)かれています。ウランのように原子炉(げんし)の燃料(ねんりょう)としてトリウムを利用(りよう)する研究(けんきゅう)が進(すす)められています。

トリウムのデータ
はっけんしゃ
発見者
スウェーデンのベルセーリウス{1828年(ねん)}
なまえ ゆらい
名前の由来
北欧(ほうおう)の神話(しんわ)に登場(とうじょう)するカミナリの神様(かみさま)。
りよう
利用
原子力発電(げんしりょくはつでん)の燃料(ねんりょう){研究中(けんきゅうちゅう)}。

まえ げんそ つぎ げんそ
前の元素 次の元素
アクチニウム プロトアクチニウム


ホームサイトについてイラストについてリンクについてサイトマップ
Copyright (C) 2011 国立大学法人 愛知教育大学. All Rights Reserved.