ウンウントリウム

ウンウントリウムの合成に貢献したSRC
『ウンウントリウムの
合成(ごうせい)に
貢献(こうけん)した
超伝導(ちょうでんどう)
リングサイクロトロン』

げんしばんごう げんそきごう
原子番号 113 元素記号 Uut

 ウンウントリウムはビスマスと亜鉛(あえん)から合成(ごうせい)されたと報告(ほうこく)されている元素(げんそ)です。埼玉県(さいたまけん)の和光市(わこうし)にある理化学研究所(りかがくけんきゅうしょ)で合成(ごうせい)に成功(せいこう)したと2004年(ねん)に発表(はっぴょう)されました。ウンウントリウムは仮(かり)の名前(なまえ)です。「ウン」は数字(すうじ)の1を、「トリ」は3を意味(いみ)します。ウンウントリウムとは113という意味(いみ)です。イラストにはウンウントリウムの誕生(たんじょう)に力(ちから)を発揮(はっき)した実験装置(じっけんそうち)、超伝導(ちょうでんどう)リングサイクロトロン(SRC)が描(えが)かれています。元素(げんそ)の発見者(はっけんしゃ)には元素名(げんそめい)を提案(ていあん)する権利(けんり)が与(あた)えられます。ウンウントリウムには、どんな名前(なまえ)が付(つ)けられるのでしょう。

ウンウントリウムのデータ
はっけんしゃ
発見者
日本(にほん)の森田(もりた)ら{2004年(ねん)}
なまえ ゆらい
名前の由来
113を意味(いみ)する仮(かり)の名前(なまえ)。
りよう
利用
研究用途(けんきゅうようと)のみ。

まえ げんそ つぎ げんそ
前の元素 次の元素
コペルニシウム 水素(すいそ)


ホームサイトについてイラストについてリンクについてサイトマップ
Copyright (C) 2011 国立大学法人 愛知教育大学. All Rights Reserved.